こうじろうなブログ IPv4

EDID対策     2009-03-14

<< PHS300にS22HT
2009-03-01
Top LOOX U の SSD 化 >>
2009-04-15

VGAケーブルは一見「PC→モニタ」の一方通行のように思われがちですけど
実は「モニタ→PC」と言う通信も行っています
これは EDID と呼ばれ、モニタの解像度や最高リフレッシュレートを PC に伝える役目を担っています
このおかげで、モニタを交換した際、解像度が違って映らないと言う問題が起こらないようになっている……らしい
 
ですが、PCとモニタの間に切替機を入れると問題が発生!
安い切替機は、この EDID を通してくれなかったりします
手持ちの切替機も EDID が通ったり通らなかったりで問題が発生していました
Windows 起動後、最初は正しい解像度になっているにも関わらず、後から EDID を認識して
異なった解像度へと勝手に変更してしまうのです
 
さて、これは困った物だと思い、EDID に対応した切替機を買わなければいけないのかと思った矢先
モニタのドライバを「デジタル フラット パネル (1920x1080 60Hz)」に変更することで対処できました
(私は FullHD (1920x1080) の液晶を使っているので)
これで万事解決……となるといいなぁ
 
 
元はと言えば、間違ってHDDをフォーマットしたことに始まるんだよなぁ
(XPをVistaにアップグレードしようか悩んでいる最中の出来事でした)
で、仕方なしにVistaのインストールしたらこの問題に出くわして……
 
皆さん、くれぐれもフォーマットには気をつけましょう(苦笑)

<< PHS300にS22HT
2009-03-01
Top LOOX U の SSD 化 >>
2009-04-15

コメント、トラックバックはありません。何かあったらこちらからお願いします。

(c)Quria 2010    1PV