こうじろうなブログ IPv4

アプリケーションをいくつか……     2007-01-31

<< AT互換にもインストールしてみる
2007-01-30
Top 予定が狂った…… >>
2007-02-09

さて、無事インストールが完了した Windows Vista(64bit) ですが
今度はいくつかのソフトが動作するか試してみました
 
まず、私は ATOK がないとストレスがたまってどうもしようがなくなる
ATOK 依存症(笑)ですので、ATOK が使えなかったらどうしようかと思いつつ(苦笑
 
で、結論から言ってしまえば問題なく動きます
ただし、ATOK を含め、一太郎・花子などのアップデータが用意されていますので
これらを適用する必要はあります
 
ただし、これらアップデータの適用が一筋縄ではいきませんでした(笑
少なくとも、ATOK2006 および花子2006のアップデータは正常に動作しませんでした
しかし、これらのアップデータも何度か試しているうちに動くようになります(苦笑
image
特に、花子2006のアップデータに関しては、成功するかどうかは事前に確認できます  
画像はアップデータの確認画面ですが、赤丸で囲った部分が
 「C:¥Windows¥SysWOW64¥」 (Windows を C: にインストールした場合)
となっていれば大丈夫です
駄目な場合は
 「¥」
だけ表示されます
花子2006のアップデータが動けば、ATOK2006 のアップデータも動きます
 
ところで、ここで表示されている「SysWOW64」なんですが
これは 64bit システム独特のフォルダです
32bit での「System32」のようなものですが、実は 64bit 環境にも「System32」は存在します
これらは、要は 64bit アプリのための環境と 32bit アプリのための環境です
さて、どちらがどちらのための環境だと思いますか?
 
多くの人は
 System32 = 32bit system
 SysWOW64 = 64bit system
と思うと思います
だって、そう数字が書いてあるから(笑
 
ですが実際は
 System32 = 64bit system
 SysWOW64 = 32bit system
なのです…… ややこしい(爆
ま、ふつうに使う分には知らなくても良いことですけどね(苦笑
 
たぶん、過去のバージョンとの互換性のために 64bit になっても「System32」のままなのでしょう
ちなみに「WOW64」は、「Windows on Windows 64bit」の意味で 64bit Windows 上で
32bit Windows アプリケーションを動かすためのレイヤーです
32bit アプリが Windows¥System32 にアクセスしようとすると、勝手に Windows¥SysWOW64 に
振り返られるらしいです
 
実は 32bit 環境には 16bit 環境のための「WOW32」があったりもします
……が、64bit 環境にはないので 16bit アプリケーションは動作しません
 
 
で、現時点で動かしてみたアプリケーションと結果
「Windows Vista Ultimate Edition 64bit」
※厳密に動作確認を行ったわけではありません
 
  ○ ATOK2006
  ○ 一太郎2006
  ○ 花子2006
  ○ 三四郎2005
  ○ Shuriken Pro4
  × JustSystem PDF Creator ※ドライバが32bitのみ対応のため
  ○ JustSystem PDF Editor
  ○ 秀丸エディタ
  ○ WinFD
  ○ Opera
 
大体のアプリは動きそうですね……
 
 
ところで、Vista にて新規に導入された「メイリオ」フォント
ぱっと見はゴシック系のフォントみたいですね
 
デザインがいまいちな気がするのは気のせいでしょうか……
私が根っからの Mac 使いで、「ヒラギノ」を見慣れてしまったせいでしょうか……
視認性はまぁまぁよくなった気がしますが、Embedded Bitmap を持っている
「MS 明朝」「MS ゴシック」の方が見やすい場合も多々あるし、
視認性だったら「LCフォント」なんてものもあるし、
正直、微妙な存在かも……
 
それと、ウィンドウを開いたり、閉じたりする時のアニメーションはちょっと目障りだと思う
Aero も、現時点では Aqua を真似しようとして失敗した感が強いですね……
もう Luna なんて名前、誰も覚えてないでしょ(笑 > XP のアピアランス
Luna の二の舞になるのか、ならないのか……
 
※おまけ
 Vista からはユーザーアカウントは管理者権限を持たず、必要に応じて管理者権限を得るような
 運用に変わりました(UNIX ユーザならば sudo のようなものといえばわかりやすいか?)
 そのため、Vista では Administrator は無効になっています
 なんらかの理由で Administrator を有効にするには、以下の手順が必要です
  「コントロールパネル」→「管理ツール」→「コンピュータの管理」を開く
  左側の「ローカルユーザとグループ」→「ユーザー」を選択
  右側の「Administrator」を右クリックして「プロパティ」を選択
  「アカウントを無効にする」のチェックを外して「OK」を押します
 
 後は「ユーザーの切り替え」で、Administrator になってアップデータをインストールします
 なお、デフォルトでは Administrator のパスワードは設定されていませんので
 パスワードを設定するか、作業が完了したら再度無効にすることをお勧めします

<< AT互換にもインストールしてみる
2007-01-30
Top 予定が狂った…… >>
2007-02-09

コメント、トラックバックはありません。何かあったらこちらからお願いします。

(c)Quria 2010    1PV