こうじろうなブログ IPv4

MacBook に 64bit Vista を入れてみる(笑     2007-01-30

Top AT互換にもインストールしてみる >>
2007-01-30

  とりあえず、WindowsVista が発売されたと言う事で買ってみました。 
 で、わが MacBook は Core2Duo ってことで、64bit 対応版は…… 
 って、Ultimate しか対応してないやんけ…… 
 アップグレード版でも3万ちょいもするじゃんか(汗) 
   
 さて、何はともあれ買ってしまったからにはインストールしてみるしかない 
 ということで、MacBook へインストールしてみました 
   
 インストール前の状態は以下のとおり 
  Bootcamp により Windows XP SP2 インストール済み 
  パーティションサイズは 32GB 
 まぁ、MacOS と Windows の両方を使う必要がある人間としては 
 そこそこ普通の環境じゃないでしょうか 
   
 で、実際にインストールを行います 
   
 1.DVD からの起動 
  MacOS が起動している状態で 64bit 版の DVD を入れたところ、正常に認識しました(当たり前) 
  なので、その DVD から起動するように設定して再起動 
  それだけでまったく問題なく、インストーラが起動しました! 
  (むしろ、別の AT 互換機では 64bit 版インストーラが起動しない問題が発生!! 
   ……さて、どうしたものか) 
   
 2.セットアップ 
  特に選択する部分も無かった 
  ライセンスキーの入力が今までのバージョンよりも最初のほうに来ていたのにはちょっとびっくりしたけど…… 
  セットアップ自体は、おおよそ1時間程度だったと思います 
   
 3.セットアップ完了後 
  予想に反して(?)普通に起動します 
  グラフィックもチップ統合なのでどうかと思いましたが、デフォルトで Aero が有効になってます 
  動作も思っていたよりもきびきびしていて、これだけなら普通に使えるかなという感じです 
  ただし、現状の Bootcamp では 64bit 版のドライバは提供されていないため、以下の制限があります 
   ・右クリックができない(USB マウスを繋いで対処) 
   ・キーボードでの音量,輝度の調節、メディアの取り出しができない 
   ・サウンドが鳴らない(MSのドライバが当たってはいるが……) 
   ・無線LAN が使えない(小一時間探したが、ドライバは見つからなかった) 
   ・Bluetooth が使えない(ドライバを探してもいません) 
   ・iSight が使えない(同上) 
  これらが大した問題と感じなければ、MacBook で 64bit Vista を使うことができるでしょう(苦笑 
   
 4.まとめ 
  とりあえず、インストール自体は簡単にできました 
  ネット上の情報によれば、32bit 版であればそこそこ問題なく使えるようですので 
  どうしても 64bit 版を使いたいと言う物好きでないかぎりは 32bit 版を使ったほうが良いと思います 
  私ですか? 
  せっかくなので文句言いながらも、このまま使ってみるつもりです(笑 
   
  あ、AT 互換機のほうは BIOS の設定をデフォルトに戻したら動きました(苦笑 
   
   
 …そういえば MacBook のスペックを書いてなかった(汗 
 スペックは以下のとおりです 
  CPU:Core2Duo 2.0GHz 
  MEM:2GB 
  HDD:160GB(内 Windows に 32GB) 
   
 ついでにキャプチャ画像をアップ 
image

image

 P.S. Ultimate 64bit のメディアで他のエディションもインストールできたんですね(苦笑)

Top AT互換にもインストールしてみる >>
2007-01-30

コメント、トラックバックはありません。何かあったらこちらからお願いします。

(c)Quria 2010    1385PV